スタディングの基本情報の評判を徹底レビュー!どんな人におすすめ?

この記事で解決できる内容

※タップすると該当箇所までジャンプできます。

IT初学者が、いきなり基本情報技術者試験の学習をすると、知らないカタカナがたくさん出てきて全然覚えられないなんてことも多いので、独学ではなくスタディングのようなオンライン講座を受講したほうがいいのか迷う人もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、スタディング基本情報技術者試験講座の評判・口コミを徹底調査し、どんな人におすすめのオンライン講座なのか、本当に基本情報技術者試験合格に近づける講座なのかを解説します。

実際に無料体験で動画講義や問題演習を試してみて、「あ、これは初学者でも合格できるわ」と思ったのが率直な感想です。

[st-kaiwa1]

詳しくは、本編で紹介しているので、気になる目次だけでも読んでみてください!

[/st-kaiwa1]

スキマ時間で効率よく学習できる

通勤・通学中のスキマ時間を上手に使って資格が取れる!

STUDYing(スタディング)は、わかりやすくて低価格を実現したオンライン◇講座です。

  • スキマ時間を有効活用して基本情報技術者試験に合格したい人
  • 基本情報の学習にて参考書ではつまづいてしまい動画でわかりやすく学習したい人

こうしたあなたにおすすめ!

\ スキマ時間を有効活用したいなら/

STUDYing(スタディング) 公式サイト

※ 無料でサンプルの講義動画も見れます!

因みに僕が基本情報技術者試験の学習をした方法はUdemy講座で、SALEを利用すれば参考書よりもお得に動画講義を受講することができるので、スタディングと合わせて比較してみてほしいサービスです!!

[st-div class="" margin="0 0 10px 10px" padding="0 0 0 0" add_style=""][st-minihukidashi webicon="st-svg-check" fontsize="" fontweight="bold" bgcolor="#39617b" color="#fff" margin="0 0 0 0" radius="30" position="" add_boxstyle=""]合わせて読みたい[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass="" id="4841" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

スタディング基本情報技術者試験講座の悪い評判・口コミは?

スタディングの基本情報技術者試験講座を実際に使ってみた人たち、特にスタディングで基本情報技術者試験に合格できた人たちの口コミを紹介します。

はっきり言って評判はいいです。

あえて、僕が一生懸命探した悪い口コミから紹介します。

ネガティブな口コミ
  • 料金が高い
  • 動画学習が難しい など

スタディングの悪い口コミ①:料金が高い

スタディングの基本情報技術者試験講座の口コミの中でネガティブな口コミは、「料金が高い」が一番多かったです。

確かに、ほかのスクールの値段と比較してみると比較的安価ですが、2000円程度の本と比べると、3〜5万円は高いと感じてしまう人がいるのも納得です。

「得られる対価」をほかの誰でもないあなたの目線でジャッジしてみてください!

今のレベルがある程度あるなら高いと感じるかも

合格者の声を見ていると、すでにある程度のITの知識がある人でスタディングを受けると「高い」と感じる人が多く、全くの初心者が受けていると「高い」と感じている人が少なく見えます。

もしもあなたが、既にITパスポートは持っているとか、結構基本情報の勉強が進んでいるという人は、高いと感じてしまう可能性があるので、無料講義を体験してみて、確かめてみてください!

もしも、「あれ、まだ合格までの距離が長いかもな?」と感じた場合にのみ受講してみるのがいいと思いますよ!

スタディングの悪い口コミ②:動画学習が難しい

中には「動画学習が難しい」とか「わかりづらい」と感じている人もいるようです。

僕はわかりやすいと感じたので、難しいと感じた人の気持ちはわかりませんが、察するとIT初学者なのに「合格コース」を選んでいたりするのでは?と感じました。

あくまでもあなたがどう感じるかが大事なので、一度無料体験の範囲内で、「わかりやすい」か「わかりにくい」かはジャッジしてみてください。

[st-kaiwa1]

スタディングの優しいところは、無料で動画講義を試せるところ!以下のリンクから無料講座を試せるので、わかりやすいかどうかは判断でき仕組みになってます!

[/st-kaiwa1]

STUDYing(スタディング) 公式サイト

スタディング基本情報技術者試験講座の良い評判・口コミは?

スタディング基本情報技術者試験講座の良い評判・口コミは?
  • スキマ時間で合格できた
  • 重たい本を持たなくていい
  • 未経験者でもわかりやすかった

スタディングの良い口コミ①:スキマ時間で合格できた

「インプットからアウトプットまでスタディングのスマホアプリでできましたので、どこでも勉強することができました。」

「スタディングでの学習は、スマホさえあればどこでもできますし何より重たいテキストを持ち運ぶ必要がない、隙間の時間、ことに通勤電車で学習するのに最適でした。」

「スタディングを受講して最も良かった点は、問題集が試験に出るところだけに絞ってある点です。無駄な時間を掛けず、効率良く勉強できました。」

スタディング 公式

スタディングの基本情報技術者試験講座の良い口コミを探していると、「スキマ時間を有効活用できた」という口コミが多かったです。

HPで推しているポイントなだけありますよね。

スタディングの良い口コミ②:重たい本を持たなくていい

「スタディングでの学習は、スマホさえあればどこでもできますし何より重たいテキストを持ち運ぶ必要がない、隙間の時間、ことに通勤電車で学習するのに最適でした。」

スタディング 公式

確かに本屋さんに行ったりして、基本情報技術者試験のテキストを見るとびっくりするのが厚さですよね。

通勤や通学で必要な荷物プラステキストと問題集とかになってくると、鞄壊れそうなくらいパンパンになるのがイメージできます。

スマホ一つでテキストも問題集も持ち歩いていると考えるとかなりメリットかもしれません。

スタディングの良い口コミ③:未経験者でもわかりやすかった

「講義を受ける→問題演習というパターンが自動的に出来上がるので、問題演習の時間が不足するということがありませんでした。」

「講義の内容も、イメージを伝えてくれるため、初学の私でもすんなりと頭に入ってきました。」

スタディング 公式

結局のところ、合格できるかできないかはあなたが理解できるかどうかなので、動画講義、テキスト、問題の解説すべてがわかりやすければOKですよね!

何度も繰り返しになりますが、あなたに合っているのかどうかです。口コミがわかりやすいからってあなたが分かりにくいと感じたら無しです。

ちなみに僕はかなりわかりやすいと思ってます。

その他300名以上の合格体験談が見れる!

スタディングが他の講座と違うのは、「スタディングを利用して基本情報技術者試験講座に合格した人300人以上の声が聞ける」点です。

以下のボタンから飛んでいただくと、スタディングの基本情報技術者試験講座を受けて無事に合格した人の声が紹介されています。

「本当に合格できるの?」と疑問に感じている人は、ぜひチェックしてみてください。

STUDYing(スタディング) 公式サイト

そもそもスタディングの講座にはどんな特徴があるのか?

基本情報技術者試験の合格を目指している人で、スタディングの受講を検討しているなら、まずはスタディングの特徴から押さえておきましょう。

以下の内容をざっくり読めば、スタディングの基本情報技術者試験講座がどんな講座なのかがわかります。

スタディング 基本情報技術者試験講座 コースは2つ

STUDYing(スタディング)
コース名概要料金
基本情報技術者
初学者コース
基本講座/WEBテキスト
スマート問題集
セレクト過去問集
基本講座(科目B)
解法講座(科目B)
科目B試験対策問題集
直前対策模試
一括 36,800円
分割 3,316円 × 12回~
基本情報技術者
合格コース
基本講座/WEBテキスト
スマート問題集
セレクト過去問集
基本講座(科目B)
解法講座(科目B)
科目B試験対策問題集
直前対策模試
+ITパスポートコース
一括 43,800円
分割 3,947円 × 12回~

スタディング基本情報技術者試験講座には「合格コース」と「初学者コース」の2つのコースがあります。

合格コースは、「ITパスポート合格レベル」のITの知識を所有している人向けの講座で、初学者コースは、「完全IT初心者」でも基本情報技術者試験合格を目指せるコースのようです。

あなたにどっちが合っているのか見極めて以下の特徴をご覧ください!

特徴①:スキマ時間で学習できる強み

スタディングが推しているポイントは「スキマ時間で合格を目指せる点」です。

なぜスキマ時間で学習ができるのか?
  • 動画講義(インプット) ⇔ 問題演習(アウトプット)がスマホで完結
  • 再生速度は0.5倍速~3倍速まで9段階に設定可能!
  • 1本の動画が10分程度に分割されていて中途半端にならない

講義も問題集もオンラインで利用できるため、スマホやタブレット、PCがあれば時間や場所を選ばずに学習することができます。

例えば、通勤中のバスや電車で立ったままでも学習ができるのは大きなメリットですよね。

特徴②:AIを使った画期的学習システム

スタディングの基本情報技術者試験講座ではAIを活用したサービスが豊富です。

  • AI実力スコア ⇒ AIがあなたが今本試験を受けたら何点くらいとれるかを予測!
  • AI問題復習 ⇒ 復讐するべき問題、復讐するべきタイミングをAIが調整!
  • AI検索機能 ⇒ 検索機能ではAIがあなたの求めているコンテンツを表示させてくれます!

独学の場合、自分がたくさん間違えている部分って意外ときづけていなかったり、苦手なジャンルには傾向があるのに、わからないままテキストを進めてしまう人もいるのですが、AI機能を使えば、すべてが見える化。

それだけでなく、問題演習にて復習問題を作ってくれるのはAIなので、苦手ジャンルを手厚く演習してくれるのはうれしいポイントです。

特徴③:合格お祝い制度がある

合格お祝い制度は、スタディングの基本情報技術者試験講座を利用し、見事合格すると、ギフト券(Amazonギフト5000円分)を進呈してくれる制度です。

アンケートに回答する必要があったり、基本情報技術者試験の受験量が7,500円なので、僕はあまりうまみを感じませんが、合格後に、ちょっとしたご褒美を購入できると聞けば、頑張るモチベーションにはなるのではないでしょうか?

特徴④:無料お試し講義がかんたんに受けられる

スタディングの基本情報技術者試験講座を受講するか迷っている人向けに、「短期合格セミナー」や「問題集」、「動画講義」を無料体験できます。

受講した方には、本講座も10%割引クーポンもついてくるというので、迷っている人はとりあえず試してみるのがおすすめ!

しかもたったの30秒で完了するかんたん申し込みで試せるので、ぜひ以下のボタンから飛んでみてください!

実際に無料体験・動画講義を受けてみて率直な感想

実際に無料体験・動画講義を受けてみた感想としては、「あ、これは合格できるわ。」って感じのサポート内容でした。

まず、実際に無料講義の動画を見るまでの流れが、メールアドレスと簡単なパスワードを設定するだけで、1分後にはマイページにログインできましたし、お手軽感が抜群で、実際に試せた内容としては以下の通り。

無料体験講座で試せること
  • スタディング基本情報技術者試験講座の特徴を動画で解説してくれる
  • 実際に動画講義を2本見れる
  • 問題演習を受けて理解度が高まる
  • ガイドが丁寧に操作方法を教えてくれながら、動画講義 → 問題演習 が試せるので機械が苦手でも問題ない
  • WEBテキストの必要性がわかった。

いくら公式サイトがわかりやすく解説してくれていても、実際に無料体験をすると全然イメージと違いましたね。動画講義とWEBテキストでインプットをした後に、スマート問題やセレクト問題演習にてすかさずアウトプット。

理解度を図りつつ、AIが最適なタイミングで復習をさせてくれる仕組みなのもわかりました。

個人的に独学しているときに、「今日は何をやろうかな~?」と迷っている時間が無駄だと思っていたのですが、スタディングでは学習フローを用意してくれていて、迷ったらスタディングの学習フロー通りに進めれば間違いないのも時短になる秘訣なんだと思います。

[st-kaiwa1]

受講するかしないかは置いておいて、迷っているのであれば無料体験くらいはしておいた方がいいですよ!

[/st-kaiwa1]

スタディング 公式サイト

スタディングの基本情報技術者試験講座がおすすめの人/おすすめできない人

スタディングがおすすめの人
  • 参考書で学習してみたけどちょっと挫折しそうな人
  • 長い通勤時間を有効活用して資格取得を目指したい人
  • IT初心者でITパスポートから勉強したい人 など
スタディングはおすすめできない人
  • 自分で計画を立てて学習を進められる人
  • 動画より本が好きな人
  • 1万円以内で合格したい人 など

実際に無料講義を体験してみたり、合格者の声を徹底調査した結果、通勤時間が長いとか参考書では挫折してしまった人などは、動画講義で学習を進められるスタディングがおすすめですが、できるだけ料金を抑えて学習したい人や、昔から計画的に学習を進められる人は料金面を考えて独学でもいいのかと。

基本情報技術者試験を管理しているIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の統計資料によると、令和05年04月から令和06年1月までの合格率は48.0%と、他の難関資格と比較しても難易度が高いわけではありません。

独学でも十分に合格はできる難易度なので、もし料金を抑えて学習を進めたいのであれば、参考書・問題集、Udemy講座がおすすめです。

[st-div class="" margin="0 0 10px 10px" padding="0 0 0 0" add_style=""][st-minihukidashi webicon="st-svg-check" fontsize="" fontweight="bold" bgcolor="#39617b" color="#fff" margin="0 0 0 0" radius="30" position="" add_boxstyle=""]合わせて読みたい[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass="" id="4841" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

スタディング VS 独学|独学でも基本情報技術者試験に合格できる?

スタディング独学
費用36,800円 ~ 43,800円~1万円
学習時間約150時間約200時間
学習方法スマホ・PC参考書・インターネット
質問有料だができるできない
向いている人・通勤/通学時間が長い

スタディングの料金は36,800円からと、ポンポン支払える金額ではないので、独学でもいいんじゃないかと悩んでいる人もいると思います。僕も学生のころから塾に行くのは気が引けていたタイプなので、極力独学で乗り越えたいです。

なので、改めてスタディングを受講することと独学で基本情報技術者試験の対策をするのとでどんな差が生まれるのかをまとめておきます。

独学よりもスタディングが優れている点

  • スマホが学習教材に代わるため、通勤・通学時間を有効活用できる
  • 苦手な箇所を教えてくれるため苦手対策に強い
  • 直前対策模試があることで本番への自信がつく

正直なところ、スタディングで学習する人も、一人で学習をコツコツと進めるという意味では、独学と言ってもいいのかもしれませんが、やはりわからないところを聞けたり、

独学で躓きそうなジャンルを、乗り越えられるように考えて開発されているのがオンライン講座なので、「間違いなく合格したい人」や「短期間で合格したい人」は多少費用をかけてでもスタディングへの投資は無駄にならないと思います。

スタディングよりも独学が優れている点

  • 費用が掛からない
  • 受講期限がないので、マイペースに学習を進められる

独学のいいところは、費用が掛からない点と受講期限がないのでマイペースに進められる点です。

1発で確実に最短で合格したいなら話は別なんですけど、なんとなく基本情報技術者試験に合格しておきたいと考えているくらいならば、独学でもいいと思っています。

基本情報技術者試験の受験手数料は7,500円なので、独学で3,000円くらいの参考書で学習を進めたとするならば、スタディングの受講料36,800円があれば、4回は受験できちゃうんです。

どうしても紙のテキストとか文章ではなく動画で勉強したいということであれば、以下でも紹介しますが、Udemy講座やYouTubeも駆使して学習をすることで、十分に合格は狙える試験なので、「自分で学習計画をたてて学習を進められる人」は独学でいいと思います!

スタディング以外の基本情報技術者試験講座は?

スタディング以外にも、オンライン完結で、荷物にならず、スキマ時間で基本情報技術者試験の講座が受けられるものを紹介します。

スタディングにはない良さをそれぞれ持ち合わせている講座を紹介するので、いまいちスタディングの受講に踏み出せない要素がアルのであれば以下の講座も検討してみてください!

サービス名おすすめ度   料金特徴
BizLearn(ビズラーン)[star5]23,595円~・科目A試験を免除できる
・あなたがいつでも相談できる担当がついてくれる
Udemy(ユーデミー)[star4]2,000円~・SALEを使えば本よりお得!
・サンプル動画を見てわかりやすい講座が選べる
※ サービス名をタップすると公式サイトにジャンプします
[st-kaiwa1]

正直僕のおすすめは、SALEを利用すると数千円で講座が受けられるUdemyです。

[/st-kaiwa1]

Udemy

Udemy(ユーデミー)

Udemyは、オンライン学習のプラットフォームで、基本情報技術者試験に限らずありとあらゆるオンライン講座を受講することができます。

参考書と変わらない料金で動画講義を受講できるのがUdemyで基本情報技術者試験の学習をする一番のメリットです。

BizLearnと違い、あなたに専属のチュータがつかないため、質問がしづらかったり、疑問点は自分で解決しなくてはなりません。

[st-minihukidashi webicon="" fontsize="20px" fontweight="" bgcolor="#39617b" color="#fff" margin="0 0 0 10px" radius="" position="" bordercolor="#39617b" borderwidth="2" myclass="st-mybox-class" add_boxstyle=""]Udemyの特徴まとめ[/st-minihukidashi]
  • 科目A免除制度がない
  • 複数の基本情報技術者試験講座の中から自分に合った講座が選べる
  • 圧倒的コストパフォーマンス
  • 質問しても返信がこない人もいる
  • 最終更新日がかなり古いものがあるので注意が必要!

>> Udemy(ユーデミー)の評判・口コミに関してまとめた記事がこちら

Udemy(ユーデミー) 公式サイト

BizLearn

BizLearnは、累計受講者数7,429万人以上のネットラーニングが提供するオンライン講座で、ビジネススキルに特化した資格を学ぶことができます。

BizLearnの基本情報技術者試験講座では、「科目A試験(旧:午前試験)免除制度」が適用される講座で、本番では科目B試験にのみ集中できるのが一番のメリット

さらに、チュータと呼ばれる、指導者があなたに一人専属でついてくれますので、わからないところは質問し放題です。

スタディングの中で「質問できないのかぁ」とか「科目A免除制度使えないのかぁ」の2点が悩みポイントの人はBizLearnを検討してみてください!

[st-minihukidashi webicon="" fontsize="20px" fontweight="" bgcolor="#39617b" color="#fff" margin="0 0 0 10px" radius="" position="" bordercolor="#39617b" borderwidth="2" myclass="st-mybox-class" add_boxstyle=""]科目A免除制度とは?[/st-minihukidashi]
  • 基本情報技術者試験の合格率を上げるべく実施されている制度
  • 科目A免除修了試験(旧:午前免除)に合格すると、本試験の科目A試験が1年間免除される
  • 春(6月・7月)・冬(12月・1月)の年4回開催される
  • 科目A免除修了試験までは科目Aに集中、合格後は科目Bに集中とメリハリをつけることができる

>> BizLearn(ビズラーン)の評判・口コミに関してまとめた記事がこちら

BizLearn(ビズラーン) 公式サイト

25歳以下限定!特別価格の講座が今だけあります!

コース名料金
基本情報技術者
総合対策コース
36,800円 → 25,410円
基本情報技術者
合格総合対策コース
43,800円 → 33,110円
[st-kaiwa1]

もし、あなたが25歳以下なのであればBizlearnはかなりおすすめ!

[/st-kaiwa1]

まとめ:合格できるかはあなた次第

今回は、スタディングの基本情報技術者試験講座に関する評判をまとめました。

スタディングの基本情報技術者試験講座は、スキマ時間で学習できる、AIを使った画期的学習システムを活用できる、合格お祝い制度を利用できるなど、多くのメリットがあります。ただし、料金と質問ができないことがネックポイントとしてあげられます。

スタディングの受講を検討している方は、自分の学習習慣やモチベーションをよく考えた上で、「料金は出せそうか」「質問せず自分で調べることはできそうか」を吟味して受講を決めましょう。

\ まずは無料講義動画をお試し!/

STUDYing(スタディング) 公式サイト

※ 講義動画だけでなく問題集もお試しできます!

]]>

  • この記事を書いた人

ぺぺまる

 
\人生を楽しむプロ/

札幌生まれ札幌育ちの27歳|大学受験失敗をきっかけに自分の本当にやりたいことを探求|何者でもない自分から抜け出したくて資格勉強start ▶ アウトプットブログ ▶ 簿記 ▶ FP ▶ 基本情報技術者 ▶ 宅建 |一緒に挑戦してみませんか!

-基本情報技術者試験
-, , ,